Webサイト制作 有限会社クリークコム
HOME » 商用Webサイト構築 » サイト投資と成長戦略

サイト投資と成長戦略。

「Webサイトにいくら投下すれば、いくらのリターンが得られるか。」をつかむことが出来れば規模の戦略が立てられます。

採算がマイナスの場合であっても将来期待のできる売上高や会員数拡大などが生まれる場合は、重要な投資指標となります。

また、非効率なサイトと判断できれば、すみやかに別の戦術に切り替えることが可能です。

サイトの成長戦略には、仮説と検証の下、投下資本利益・売上率とりスクも踏まえて、戦略的な経営判断が迫られます。

机上の理論より、経営者の経験と判断を。

その道のプロである経営者が最も事業に精通しています。

巷でHTMLソースコードを記述したこともない異業種の経営コンサルティング会社等が、ホームページから「月間1000人新規顧客を集める」「月商1000万円を獲得する」等をあたかも簡単・当たり前のようにうたい、Web業界に対して中小企業経営者からの評価を落としている現実があります。

例えば国内通販で重たいペットボトルの「水」をケース買いする需要はとても大きく、「マンゴージュース」の需要では、とても「水」には及びません。

同じ“飲料水”という分野ですが、ネットにおいてひとつの販売戦術で「水」と「マンゴージュース」は、同じ結果を得られることはありません。

盾の半面に惑わさることに注意し、経営者はこれまでの経験や事業センスを活かし、ネット戦略の最高意思決定者として数ある販促手法から、自らのアイデアをとりいれた戦術を活かしてこそ成長が望めます。

ホームページ作成セミオーダーPack!
このページのトップへ