Webサイト制作 有限会社クリークコム
HOME » 商用Webサイト構築 » グラフィックデザイン

グラフィックデザイン。

Webサイトのグラフィックデザインは、よほど辞書のような“調べ物用途”以外を除き、ビジュアル要素によってサイト滞在時間や直帰率が左右されます。

せっかくのサイト訪問者に向けて少しでもメッセージを伝えるために、ビジュアルで語る必要があります。

このページを例にすると、文字ベースのページはあまり読まれない傾向にありますが、先ずビジュアルでとても柔らかな印象を与えていますので、好感度から“なんとなく読んでしまう”という心理的な作用をもたらしています。

サービス業で小柄な女性が優秀なのと、Webのグラフィックでの心理要素も同じことが言えます。

見やすい、読みやすい、すぐにたどりつくサイト。

サイトコンセプトに応じたグラフィックイメージ・情報量・コントラスト・動き・バランス・伝えたいものへの視線誘導などを総合的に配慮した美しいサイトプロポーションに価値あるコンテンツが融合することで、商用Webサイトとしての目的に近づけます。

月間数千人程度のトラフィックサイトでは、グラフィックデザインを変更してもコンバージョンの差は感じられません。

しかしサイトが成長し、アクセス数が数万~数十万人に拡大するにつれて、デザインの印象変更によるコンバージョンのわずかな改善が、大きな収益の差につながります。

人に与える印象も商用Webサイトの重要な要素となります。

ホームページ作成セミオーダーPack!
このページのトップへ